「見えないこころ」 石川県伝統産業工芸館1Fエントランスホール

言わなければ気づかない工夫、
使ってみて初めて気づく「おっ!」。
そんな作り手のこだわりや、
工夫がある作品を集めた企画展です。

エントランス展示1 TSUBAKI展示1

楽工房からは、
Re-Born漆器 「TSUBAKI」を出展しています。
木地のいい昔の漆器、傷んで使っていない漆器を
輪島塗の「なおしもん」の技術で修理すると
どこを直したのか、まったくわからなくなります。

TSUBAKI展示2

元通りに直してからもうひと工夫、
練乾漆の造形でお皿全体を椿の花に見たてています。

8月2日(日)まで
金沢市兼六町1-1
石川県伝統産業工芸館1F
エントランスホール
http://ishikawa-densankan.jp

輪島塗 ぬり工房楽 について

輪島塗の伝統技術を活かしつつ、これまでにない新しい表現を創る工房です。 Wajimanuri Studio RAKU creates innovative works of ‘urushi ware while untilizing the traditional techniques.
タグ:
パーマリンクURL: http://raku-wajima.com/2015/06/82/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.