輪島楽漆展 ーおとな時間を楽しむ、うるしの器ー


 

 

 

 

 

3月15日(水)~18日(土)まで、大阪・北浜の伏見ビルサロンにて
輪島楽漆展 ーおとな時間を楽しむ、うるしの器ー を開催いたしました。

高麗橋菊壽堂さんのお菓子と
大阪薬科大学茶道部のお点前で
ちょっと贅沢なおとな時間をお楽しみいただきました。


北浜・道修町は薬科商発祥の地、製薬会社のビルに囲まれて
「神農さん」と親しみを込めて呼ばれる「少彦名神社」がご近所にあります。
毎朝お参りさせて頂けることも特別な贅沢な時間、
お陰さまで「輪島楽漆展」は盛会のうちに閉会させて頂きました。

会期中、好評だったRilucenteでのイベントを受けて
ランチの珈琲をKOKEMUSU CUPで提供していただきました。

お客様のお点前でちょっと一息、なんていう楽しみも。

 

20年来、ぬり工房楽を応援頂いているお客様、
HPを見て神戸からKOKEMUSUを見に来て下さったお客様、
北浜文化を愛する粋人のお客様から
大阪らしい「あたたかいもの」をたくさん頂きました。
嬉しく、懐かしい気持ちにしていただいた4日間でした。


ご縁を繫げて頂きました皆様、ありがとうございました。



 

輪島塗 ぬり工房楽 について

輪島塗の伝統技術を活かしつつ、これまでにない新しい表現を創る工房です。 Wajimanuri Studio RAKU creates innovative works of ‘urushi ware while untilizing the traditional techniques.
タグ:
パーマリンクURL: http://raku-wajima.com/2017/03/378/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です