KOKEMUSU 抹茶椀

「練乾漆」は生漆にコクソや米糊、輪島の地の粉(焼成珪藻土)などを練り合わせて造形する「ぬり工房楽」の独自の技法です。
その練乾漆で漆の光沢を持ちながらも粗野で力強い新しい漆の抹茶椀を生み出しました。

KOKEMUSU 抹茶椀
RK-M-1
Ø120 × H85mm / 260g
素材:漆、地の粉、麻布
¥200,000


KOKEMUSU 抹茶椀
RK-M-2
Ø130 × H90mm / 340g
素材:漆、地の粉、麻布
¥200,000


KOKEMUSU 抹茶椀
RK-M-4
Ø120 × H78mm / 180g
素材:漆、地の粉、麻布
¥160,000