漆器に関わるお困りごとはございませんか?

漆に関わるお困りごとはございませんか?
古代より漆は、木を保護するために、接着剤として、また優美な光沢を持つ美術品として日本人の生活・文化に深く関わってきた素材です。

輪島塗ぬり工房 楽では、漆本来の特性を現代生活の中で様々に活用する可能性を広げ、
輪島塗の高度な漆工技法を他分野に活用し、次世代に伝承する取組みを行っています。

他産地の漆器、国内外の陶器、ガラス製品、竹製品、御神輿や獅子舞の頭、寺社仏閣などの文化財など、分野を問わず、修理修復の実績事例も多くあります。

お手持ちの思い出のお品物が壊れてしまった!など、お困りごとがございましたら、
何なりとお問合せ下さい。

お問合せはこちらからどうぞ

お問い合わせ



 

輪島塗 ぬり工房楽 について

輪島塗の伝統技術を活かしつつ、これまでにない新しい表現を創る工房です。 Wajimanuri Studio RAKU creates innovative works of ‘urushi ware while untilizing the traditional techniques.
タグ:
パーマリンクURL: https://raku-wajima.com/2019/09/1427/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください