//サムネはじめ //サムネここまで ぬり工房楽 と 漆器について | 輪島塗 ぬり工房 楽

ぬり工房 楽では、上質で使いやすい漆器をご用意しています。
修理やオーダーメイドは別のページにございますのでそちらをご覧ください。

輪島塗は、工程ごとに職人の経験値による細やかな工夫とこだわりがあり、
各漆器工房では、それぞれに特徴ある技術が磨かれてきました。

ぬり工房楽は、その名の通り「ぬり」にこだわりがあります。
「ぬり」にこだわった作品をどうぞご覧ください。

伽羅塗の特徴的な文様は、銀箔を貼り職人の手によって禾目(のぎめ)に銀箔をかき落すことで表現しています。
そうすることで独特な世界観が生まれ、漆と銀の剥がれ模様が調和した美しい漆器となりました。
詳しい作業工程は秘密ですが、輪島塗に塗箔職人の工夫が合わさって出来上がったのがこの「伽羅塗」です。
食事の内容や、シーンを選ばない漆器で様々に活躍する漆器となっています。

日常のカジュアルな食事シーンから、フォーマルなおもてなしシーンまで活躍する使い勝手の良さから、様々な方に選ばれている漆器です。

 

詳しい説明はこちら

木地を使っていない漆器です。
乾漆を発展させた楽独自の技術「練乾漆」を使って制作した漆器で、わかりやすく言うと 漆粘土 で造形したものとなっております。
高級な漆を贅沢に使いこのような形をつくることができました。

日本独自の感覚である 苔の美しさ を漆器に仕上げた作品となっており、その存在感から特に抹茶椀は大変人気で希少となっております。
お求めの方はお問合せください。

詳しくはこちら

輪島塗シリーズは、ぬり工房 楽が「ぬり」にこだわって丁寧に仕立てたシリーズです。
輪島で挽いた木地に、麻布をかけ、地の粉下地を施す伝統的な輪島塗技法で制作しています。
使いやすく、漆塗りのよさを感じられるもの、輪島塗の堅牢さを感じるもの。

そういうシンプルで上質な漆器をお届けしたいという思いで制作しています。

家紋を入れる、名入れを行うなど、塗りの良さを引き立てる加飾も別途承ります。

詳しくはこちら

LaQue(ラケ)はぬり工房楽の現代的なアートブランドです。
楽独自の技術である「練乾漆」は漆と様々なものを接着することができます。

その技術を使って漆と金属やウレタン、ガラスを接着し美しく調和の取れた作品を創作しています。
ファッションブランドのDiorからも発注を受けて、製品としてお納めいたしました。。
urushibo/vidシリーズは、表面の塗りと銅のソリッドな質感の対比が特徴となっております。

詳しくはコチラ

TOP