輪島塗 ぬり工房楽 Wajimanuri Studio RAKU

漆の魅力の始原を目指して

漆が持つ深い表情は、古代から日本の人々を魅了してきました。
木を保護するだけではなく、美しい光沢を備える漆は魔を祓う清浄なものとして扱われてきたようです。

主に仏教徒が用いたものが庶民へと広がり、美しく堅牢性な日常使いの器として、また茶の湯に取り込まれて高度な工芸品として、それぞれの時代の幾千幾万という人々が漆に取り組みその表現を追求してきました。
その蓄積は瑞々しい輝きを今日の漆器に伝えています。

日本を代表する漆器の産地である輪島でも、多くの工房が切磋琢磨しその美しさを競ってきました。
「輪島地の粉」と呼ばれる地元で取れる珪藻土を使った本堅地は高い堅牢性を生み、高い技術の蓄積と練磨は他にない輝きを作り上げています。

輪島塗ぬり工房 楽は、その輪島市街から少し外れた日本の原風景が残る里山にあります。
「輪島六職」といわれる分業制の産地にありながらも、下地から上塗まで一貫制作する数少ない工房です。
全ての工程に創意工夫を凝らし、漆本来の根源的な表現を追求してきました。

工房の周りで当たり前に触れる田んぼの蛙、畑で採れる野菜、庭の柿、裏山の梟や竹藪の筍など、里山の生活ありのままを写した、艶やかな光沢と強く堅く固まる特性を活かした、純朴で粗野な漆器を制作しています。


Wajimanuri Studio RAKU
Our exclusive methods based on traditional urushi application techniques enable us to
Craft unique items to surprise and delight our users. While urushi-nuri work (urushi lacquering) in Wajima, Japan, still remains a community craft, our studio handles all the processes from undercoating to final coating by ourselves.

楽の漆芸


全ての工程において可能性を模索しながら、輪島塗ぬり工房 楽は様々な漆の表現に挑戦しています。
上塗が生み出す潤滑な表情はもちろん、下塗からつくる岩肌のような荒々しい表情の“KOKEMUSU®”など、多様な漆の可能性を引き出しています。
特に、楽オリジナルの技法である“練乾漆®”は1300年前の古代にあった立体的な漆表現を蘇らせました。
自由な造形と高い表現性、海外の環境でも割れない堅牢性を特徴とした、新鮮な輝きを持つ漆芸です。

Lacquer work of WAJIMA NURI STUDIO RAKU
WAJIMA NURI STUDIO RAKU is striving for pursuing possibilities of urushi as material through examining the whole process,and ‘KOKEMUSU®.’ is one of the works born through exploring the potential of urushi. Our unique undercoating technique enables its bold expression of ‘KOKEMUSU®.”Nerikanshitsu’ is another exclusive technique we have developed based upon 1,300 year-old inherited techniques of Wajima lacquer ware.
Our unique undercoating methods enable 3D designs, and prevent our products from cracking under dry environment.

茶道具 伯楽


ふくよかな漆を追求して
雅号である伯楽の名義で、抹茶椀をはじめ、水指や建水、茶杓、香合などの茶道具を制作しています。陶磁器の塗り蓋の制作も承っております。
主に手で練り上げて形を作っていく練乾漆が生み出す佇まいは、漆器でありながら粗野でふくよかな趣きを持ち、一風変わった面白さを演出します。

Tea-things ‘HAKURAKU’
Tea ceremony utensils, such as tea bowls, water jars, wastewater receptacles, tea scoops, and incense containers, are crafted under the name of HAKURAKU.
Also available are lids for ceramic pots.Shaped by hand, ‘nerikanshitsu’ articles not only exhibit a dignified and unpretentious appearance but also show a challenge to traditional definitions of craft.

日常使いのうつわ


漆のある豊かな生活を
軽くて丈夫、口当たりが柔らかく深みのある艶やかな光沢をもつ漆器。永い歴史の練磨と人の手による美しい仕事に触れる感動は、不思議と日常に豊かさを与えてくれます。
楽では伝統的な本堅地輪島塗から練乾漆で作り上げる漆器、また貝や金属など異素材に漆を塗ったものまで、遊びごころのある漆器を取り揃えております。
使い込むほどに表情が深まる漆器の風情を日常の中でお楽しみいただければ幸いです。

Lacquerware for daily use: enhance your life with urushi
Lightness, durability, and beautiful luster are the characteristics of Wajima lacquer ware. It also promises a gentle touch of lips.
these hand-made objects, crafted with hard-earned workmanship, bring joy and excitement to our ordinary life.
WAJIMA NURI STUDIO RAKU crafts a wide variety of urushi ware, from very traditional to more innovative and playful ones, using not only wood but also sea shel ls and metals as a core. Textures of urushi ware change over time, and we hope that you will appreciate these changes.

修理・再生


想いを引き継ぐ
輪島の伝統技法で漆器の修理・再生しています。漆器のキズ、 塗り直し、加飾、欠け、陶磁器の金継ぎはもちろん、お手持ちの漆器を今様に作り変えることも承ります。
漆でできることは真摯に対応させていただいております。
さらには、高い技術力が求められる仏像・仏具や文化財の修理の経験も多く、あらゆる時代のものに対応いたします。
詳しくはお問い合わせください。

Lacquerware repair & retouch
WAJIMA NURI STUDIO RAKU offers urushi ware repair and retouch with traditional Wajima lacquering techniques.
Cracks, scratches and chips are beautifully repaired, not to mention retouch and application of decoration.
We repair broken pottery with a seam of urushi and precious metal as well as adapt to modern demands.
We also have a lot of experience in restoring Buddhist statues, Buddhist objects, cultural treasures, and other objects of all ages. Your inquiry is most welcome.

オーダーメイド


特別な一品のお仕立て
茶道具や家具、企業のノベリティや個人の記念品などのオーダーメイドも承っております。
ご予算に応じて、可能なかぎりご要望に沿うものをお仕立ていたします。
また、壁面装飾などインテリア建材や展示装飾品などの大物の漆表現や制作も得意としています。
漆に関わることなら、お気軽にご相談ください。

Custom-made lacquerware
Custom-made lacquerware is available. All kinds of lacquerware including tea ceremony utensils, gifts, and novelty goods can be created according to our customer’s budget.
Wall decoration panels, architectural material, and interior goods can also be crafted.
We are ready to answer any urushi related requests.

漆職人


引持 力雄 / 石川県輪島市出身
雅号 伯楽。
下地から上塗まで一貫制作する技術を習得している輪島でも数少ない職人です。
10年間の修行後に独立して茶道具制作に携わり、粗野で飾り気のない作風が茶人の間で評判を呼びました。
その中で里山の生活をモチーフにした数多くの香合を制作し、厚く盛って造形できる漆、楽オリジナルの技法“練乾漆®”を生み出しています。

Rikio HIKIMOCHI
He is one of a few master crafsmen who can do the entire process from undercoating to finish. After a 10 year-apprenticeship, heestablished his own studio and started crafting works under the name of HAKURAKU. His simple and unpretentious tea ceremony utensils had a good reputation among tea practitioners. His incense containers are inspired by the country landscapes, and through crafting them he came up with his unique urushi ware and innovative ‘NERIKANSHITSU®.’


漆職人


引持 和頼 / 石川県輪島市出身
二代目・和頼は七尾仏壇「ぬのや仏壇店」の布辰巳氏に弟子入りし、幅広い技術を習得しています。
2017年、楽に戻って制作を始めました。
塗箔技術や寺社仏閣の修復技術を持ち、総持寺祖院放光堂の塗箔修理などを手掛けています。

Kazuyori HIKIMOCHI
Being a son of HIKIMOCHI Rikio and apprenticed under the master craftsman, NUNO Tatsumi, a Buddhist alter maker in Nanao, Kazuyori came back to Wajima in 2017, and is now working at WAJIMA NURI STUDIO RAKU. Young and promising, he has been working for the restoration of temples.


塗師屋の女将


引持 玉緒 / 大阪府出身
塗師屋の女将となって20余年。
伝統工芸を取り巻く環境は厳しく課題山積ですが、元気な輪島にすることが夢です。
輪島塗を愛してくださるお客様と思いを重ね、日本の原風景が残る輪島市三井町の豊かな自然と世界に誇れる輪島塗を子ども達に残してあげたいと思っています。



概要


■ 設立 昭和58年
■ 業務内容
関西を中心に営業活動
大阪工芸協会正会員
・輪島塗全般の製造販売
・練乾漆のオリジナル漆器制作販売
・漆器全般、寺社、仏壇、獅子頭、神輿の修復
所在地
〒929-2373 石川県輪島市三井町市の坂ニ-59番地
Tel/Fax: 0768-26-1346

Inquiry

Wajimanuri Studio RAKU
Address: Ni-59 Ichinosaka, Mii-machi, Wajima-shi, Ishikawa-ken 929-2373, Japan
Tel & Fax: +81-(0)768-26-1346

アクセス

能登空港から10分ほどの場所にございます。